COMPANY

会社概要

社長あいさつ

代表取締役社長 和久田惠子

資源のない日本では人と技術が大切な資源です。
「ものづくり」は日本の根幹であり、技術立国日本をこれまで支えてきたのは中小企業の技術です。
その日本の「ものづくり」が急速なグローバル化により大きく変化し空洞化が進んでいます。
この変化の中で、強みを付加価値としてイノベーションを進め生き残っていく力が今求められています。

当社は1916年の創業以来、培って参りました「ものづくり」の実績と経験をベースに、職人技術と最先端技術の融和を図り、常に優れた品質の製品を提供して参りました。
2001年にデザイン開発部を、2010年に自動機の組立て部門を立上げ、デザインデータから試作型・量産型・設備機械までを一貫して受注できる体制を整えました。
環境の多様化、製造業のグローバル化により、これまで以上にコスト削減・開発期間短縮を強化し、新環境エネルギーに対応する技術も習得していくことが課題です。

ダーウィンの進化論「強いものが生き残るのではない、進化できるものが唯一生き残る」という言葉に、さらに「急激な変化にも対応できること」を加え、あらゆるニーズにお応えできる体制作りを進めて参ります。また、社員一人ひとりがやりがいのある、感動を共有できるような夢のある企業を目指すことで、社会にも貢献していきたいと思います。
今後とも良きパートナーの1社として、皆様のお役に立てるよう研鑽してまいりますので、 温かなご指導とご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

会社概要

会社名 株式会社ダイワ・エム・ティ
所在地 静岡県富士市大渕539
TEL 0545-35-0350(代表)
FAX 0545-35-0466
代表者 代表取締役社長 和久田惠子
会社創立 1943年8月23日
資本金 1000万
従業員数 55名
工場敷地 8,730㎡
工場建物 2,580㎡
事業内容 デザインサポート
デザインデータ作成
デザインモデル製作
CAD/CAM
マスターモデル製作
CFRP成形型
FRP
検査治具/各種治具設計製作
量産用樹脂型製作
自動車内装部品量産用設備設計製作
取引銀行 静岡中央銀行吉原支店
静岡銀行広見支店
商工中金沼津支店

沿革

大正5年(1916年)3月 創業者、和久田八十松が清水市松原通りにて船舶機械の木型製作所を開業
昭和6年(1931年)7月 富士市依田原、旧日産自動車吉原工場(現ジャトコ)前に移転
昭和18年(1943年)8月 富士市今泉に移転
株式会社大和木型製作所に組織変更
昭和23年(1948年)4月 和久田三郎、代表取締役社長となる
昭和45年(1970年)2月 業務拡張の為、富士市大渕2470 に新築移転
昭和60年(1985年)5月 モデル加工機 NCマシン(3軸)を導入
平成元年(1989年)2月 ダッソー・システムズ(仏)のCAD/CAMシステム「CATIA」導入
平成3年(1991年)3月 高速モデル加工機、NCマシン(5軸)を導入
平成13年(2001年)3月 現住所、(富士市大渕539)に新築移転
株式会社ダイワ・エム・ティに社名変更
オークマ製マシニングセンタ(5軸)導入し金型加工も展開
セスクワ「WORK-NC」導入しCAMの効率をUP
平成13年(2001年)4月 デザイン開発部を設立
CATIA V5 導入
平成15年(2003年)3月 ISO9001:2000 取得
平成17年(2005年)10月 新型真空成形機 導入
平成17年(2005年)11月 オークマ製マシニングセンタ(5軸)導入
平成18年(2006年)1月 和久田惠子 代表取締役社長となる
平成18年(2006年)4月 モデルマイスター導入(無気泡樹脂によるモデル製作開始)
平成19年(2007年)7月 神奈川県厚木市にデザインデータセンター(DDC)事業所をオープン
「ICEM SURF」を導入し自由曲面モデリング機能強化
平成21年(2009年)2月 オークマ製マシニングセンタ(5軸)3台目を導入
平成21年(2009年)3月 大量生産用設備機械・機械治具の設計製造部署を立上げ
平成21年(2009年)6月 DDCにNX導入
平成23年(2011年)2月 量産用専用機組立工場増築
平成27年(2015年)11月 オークマ製マシニングセンタ(5軸)4台目を導入
平成28年(2016年)3月 創業100周年記念事業感謝の会 開催
平成29年(2017年)11月 第三工場増築 稼働

アクセスマップ

アクセスマップ

・新東名高速道路「新富士I.C.」⇒県道88号線(一般道)を直進⇒「総合運動公園入口」交差点を直進⇒常葉大学先の路地を左折(看板有り)
・東名高速道路「富士I.C.」⇒西富士道路「広見I.C」⇒大淵方面(左)に出て最初の信号を右折⇒「総合運動公園入口」交差点を右折⇒常葉大学先の路地を左折(看板有り)